ブランドづくり研究室

2014年7月27日

富士宮やきそばがブランドになるまで(やきそばマップ編)

メインテーマ

前回で、


当時、青年会議所に属していた渡辺さんという方が
ヤキソバを使った地域振興活動を思いつき
その活動開始をプレスリリースしたところまで
書かせて貰いましたが、

やきそばマップ

今回はそのつづきです・・・



(2)大風呂敷を広げる
プレスリリースを受けたNHKは
番組の中で特集を組んでくれることになります。


ただ、取材は決まったものの
渡辺さんをはじめ
調査活動自体はなんら行っていません。


そこで、取材当日、渡辺さんは、
マスコミ受けする情報づくりのため


「富士宮には”富士宮やきそば学会”という組織があるんですよ」
「その学会のメンバーは”やきそばG麺”と呼ばれている」


と、実際には、まだ存在していないにも関わらず
大風呂敷を広げたのです。


ですが、この大風呂敷が
ターニングポイントとなり


富士宮やきそば学会は
活発な活動を展開することとなります。


いや、帳尻合わせに
活発に活動せざるをえなくなったと
言っていいかもしれません。


なぜなら、NHKの放映をきっかけに、
「やきそば学会」
「やきそばG麺」
というネーミングにひかれた
各テレビ局が怒涛のように報道を始めたからです。





(3)やきそばマップの作成と大ブレイク

NHKでの番組放送後
”やきそばG麺”は、具体的な活動を開始させます。


富士宮やきそばを扱う店の場所、営業時間、
メニューetcを掲載した「富士宮やきそばMAP」を作成し


富士宮やきそば

同時にオレンジ色ののぼり旗も作成し
「富士宮やきそばMAP」に掲載されたお店には
こののぼり旗をたててもらうよう案内したのです。

そして、
富士宮において「やきそばMAP」なるものが完成し
のぼり旗を目印にして
ヤキソバの食べ歩きができることを


再び各テレビ局が報道するや
文字通り、お客さんが殺到することになります。


来訪者数自体は明らかになっていませんが
一店のスーパーマーケットでは


5,000食の麺が売れ
売場からヤキソバの麺が消えてなくなった


ということですから
その盛況ぶりは
凄まじいものがあります。




5-1 スポットライトがあたるきっかけ
5-2 やきそばマップの作成と大ブレイク
5-3 効果的なイベント
5-4 無料プロモーション
5-5 まとめのまとめ


はてなブックマークに追加
富士宮やきそばがブランドになるまで(やきそばマップ編)

この記事が面白かったら、
公式Facebokをいいね!してブランディングスキルを身につけよう

メルマガ「まず、ブランドをつくろう!」は下記フォームよりメールアドレスを登録下さい。

ブランディング出張セミナー

弊社では、お客様のオフィスにうかがい、ご要望にあわせたセミナーを開催しております。
ブランドづくり、ブランディングという概念は決して、大きな会社のためだけにあるものではありません。
ブランドづくりは、その方法論さえわかれば、小さな会社でも充分可能なものです。
そんな「小さな会社のためのブランドのつくり方」をまとめたものがこのセミナーです。
是非、ご参加頂き小さな会社のブランドづくりを一緒に勉強しましょう。

こんな方にオススメです

こんな方にオススメです。
・スタッフ研修の一貫として
・価格競争から抜け出したい中小企業
・商工会議所などでの創業セミナーの一環として

基本的な目次

1.ブランドのつくり方
2.理念をつくる
3.ターゲットの絞り方
4.ポジショニング
5.ネーミングの方法
6.デザイン
7.サービスのブランド化
8.値決めの方法
9.ストーリーブランディング

実施までの流れ

1.状況・ご要望のヒアリング

2.内容及び費用のご提案

3.ご発注・日程の調整

費用

基本的には、ご要望に応じてセミナーはカスタマイズしますので、 あくまでも費用例としてお考えください。

A:1時間半コース(主に講義中心)  5万円〜
B:3時間コース(講義、実践あり) 10万円〜
(いずれも交通費別)

他にも、ご要望に応じてセミナー内容はカスタマイズ致します。詳しくはお問合せください。


お問合せ

ご相談やご質問など、お問合せはこちらから受け付けております。

返品、お支払いについて(特定商取引法に基づく表記) プライバシーポリシー