まず、ブランドをつくろう!

2014年07月06日

なぜ、フリーのクリエイターと会社担当者は話が合わないのか

メインテーマ自己ブランディング

年功序列が強く機能している
会社において


その会社のスタッフが
出世するための優先事項は、


知らず知らずのうち
「失敗しない」
ということになってしまいます。


時間の経過こそが
自分の出世につながるのですから


当然、余計なことは
しなくなくなります。


一方、独立した人間が
仕事を増やそうとするとき
そうはいきません。


その優先事項は
面白い仕事をして「結果を出す」


そして、市場で評価を得る
ということになります。


つまり、「新しいことへの挑戦」
のみが自分のビジネスを
生き残らせることができるのです。


では、上記会社のスタッフと
独立したクリエイターが
一緒に仕事をした場合どうなるか?


当然、組織内評価を優先したい
「失敗したくない」人と


市場評価を優先したい
「挑戦したい」人と


優先事項がまったく異なる人同士が
仕事をするのですから
話が合う筈がありません。


これは、フリーのクリエイターの提案が
却下されるパターンの
代表例ではないでしょうか。


ですから、
クリエイターが面白い仕事を
しようと思えば思うほど
「会社担当者」と仕事をするとうまくいきません。


挑戦度合いの高い仕事は
担当者ではなく


その会社の社長を相手にした方が
いいことになります。


それで初めて互いの優先事項が一致するからです。
つまり、「市場評価」を優先したい人同士で
仕事ができるということです。


でも、これが意外と難しいんですが・・・


なぜ、フリーのクリエイターと会社担当者は話が合わないのか

はてなブックマークに追加
なぜ、フリーのクリエイターと会社担当者は話が合わないのか

この記事が面白かったら、
公式Facebokをいいね!してブランディングスキルを身につけよう

関連記事3選
高収入を得るには2種類の仕事
アウトプットの機会を用意する
百メートル競泳にモーターボートで参加する

メルマガ「まず、ブランドをつくろう!」は下記フォームよりメールアドレスを登録下さい。

ブランディング出張セミナー

弊社では、お客様のオフィスにうかがい、ご要望にあわせたセミナーを開催しております。
ブランドづくり、ブランディングという概念は決して、大きな会社のためだけにあるものではありません。
ブランドづくりは、その方法論さえわかれば、小さな会社でも充分可能なものです。
そんな「小さな会社のためのブランドのつくり方」をまとめたものがこのセミナーです。
是非、ご参加頂き小さな会社のブランドづくりを一緒に勉強しましょう。

こんな方にオススメです

こんな方にオススメです。
・スタッフ研修の一貫として
・価格競争から抜け出したい中小企業
・商工会議所などでの創業セミナーの一環として

基本的な目次

1.ブランドのつくり方
2.理念をつくる
3.ターゲットの絞り方
4.ポジショニング
5.ネーミングの方法
6.デザイン
7.サービスのブランド化
8.値決めの方法
9.ストーリーブランディング

実施までの流れ

1.状況・ご要望のヒアリング

2.内容及び費用のご提案

3.ご発注・日程の調整

費用

基本的には、ご要望に応じてセミナーはカスタマイズしますので、 あくまでも費用例としてお考えください。

A:1時間半コース(主に講義中心)  5万円〜
B:3時間コース(講義、実践あり) 10万円〜
(いずれも交通費別)

他にも、ご要望に応じてセミナー内容はカスタマイズ致します。詳しくはお問合せください。


お問合せ

ご相談やご質問など、お問合せはこちらから受け付けております。

返品、お支払いについて(特定商取引法に基づく表記) プライバシーポリシー